2021.09.17

食べる

枝豆を潰してチーズを忍ばせ…「枝豆チーズボール」がやみつきの旨さな件【野菜ソムリエ考案レシピ】

今年もたくさん食べました? 枝豆。だいぶ涼しくなってきたところで、これまでとは違う枝豆の食べ方を提案しちゃいます。枝豆の旨みがギューッと詰まったチーズボール仕立てです。ペースト状にした枝豆をさらに揚げることで、風味豊かな一品になっているんですよ。調理工程で「混ぜる」「丸める」を盛り込んであるので、お子さんと一緒に作ってみてはいかがですか。

まずは材料のご紹介♪

材料(2〜3人分)
枝豆…200g
スライスチーズ…1枚
卵…1個 
パン粉…適量
サラダ油…適量
塩…小さじ1
 A 牛乳…大さじ1
  片栗粉…大さじ1
 


枝豆の下ごしらえから♪

今回はお湯で湯がくのではなくレンジを使って下ごしらえします!
レンジを使うと旨みや栄養が損なわれにくいので、枝豆の風味がより楽しめますよ。

手順
1. 枝豆をよく洗い、水気を切っておく。



2. 耐熱皿に枝豆を入れて塩を振りかけてよく揉む。



3. 2にふんわりとラップをかけて600wのレンジで4分加熱する。



4. 粗熱が取れるまで冷ます。

枝豆の下ごしらえが終わったらさっそく作っていきましょう!

作り方

1. 莢から豆を出し、すり鉢やプロッセサーで潰す。





2. Aを加えて滑らかになるまで切るように混ぜる。





3. スライスチーズを9等分に切っておく。

4. 2を適量手に取り、スライスチーズを一片、中に入れて丸める。(ボール1個あたり約15gが目安)



5. 4を溶き卵にくぐらせ、パン粉をまぶす。



6. 180度の油で表面に焼き色がつくまで揚げる。



7.キッチンペーパーで油を切る。



8.お皿に盛って完成。



枝豆は野菜の中では珍しくタンパク質が豊富で、卵に匹敵するほどなんですよ。
それに加えてビタミンCも同時に取れるのでメラニン色素の生成を抑えて、日焼け予防にもつながりますよ。

わが家ではホームパーティーの時によくこのレシピを作りますが、子どもから大人まで毎回大人気!

必ずと言っていいほど1番最初になくなります。
枝豆をふんだんに使っているので結構食べ応えもありますし、食べた時に枝豆の香りと風味で口の中が一杯になります。

一口でぱくっと食べられるのでお弁当に入れるのも◎。

また、枝豆嫌いなお子さんが「これはおいしい!!」と言ってパクパク食べてくれたこともありました。
野菜が苦手な方でも、こういったアレンジレシピで野菜を克服してもらえるとうれしいです♪
ぜひ一度作ってみて下さい♪

Pick up

Ranking